アクチュアリーの転職における履歴書の書き方

個人の人生も会社の将来もこの先なにが起こるかわかりません。そんな将来起こることを確立や統計から予測しさらにマイナスな出来事が起きたりよくない状況に陥った時にこれからどうしていけば良いかを考える専門家をアクチュアリーといいます。日本語では「保険計理士」「保険数理士」などと呼ばれ、企業が将来的に支払うであろうお金を計算する数字のプロフェッショナルとして高いニーズがある職種です。現在は生命保険や損害保険のビジネスや企業の資産運用、年金など様々な世界で活躍しているアクチュアリーが多く存在し、この仕事への転職を希望する人も増えています。
アクチュアリーとは「日本アクチュアリー会」の正会員を指す場合が多いのですが正会員ではなくてもアクチュアリーの仕事をしながら正会員を目指すことも可能です。まずは資格試験の基本科目5科目を一つでも多く合格するのが先決です。アクチュアリーへの転職を希望される場合には働きながら勉強をしてひとつでも科目に合格していきましょう。転職に向けての履歴書の書き方は実務経験だけでなく実際に合格している科目が重要です。もちろん正会員になっているのが望ましいですが、全科目を取得して正会員になるためには7〜10年程度かかります。年齢が若い方であれば一つでも科目に合格していれば今後の可能性があると判断され採用に繋がることもあります。その他英語力など企業の求める能力の資格を取得していることや数学的な素質を企業側にアピールできるような履歴書を作成しましょう。

アクチュアリーの転職における面接のポイント

アクチュアリーの転職で大切なポイントになるのは、面接でしっかりと自分の考えていることを相手に伝えることができるかどうかです。
それは何故かと言うと、アクチュアリーの仕事は専門的な内容を取り扱うことがほとんどなので全く何も知らない人に説明する機会が多いからです。
仮に採用した場合に現場でアクチュアリーとして仕事ができる能力があるのかを判断するために、一般的な志望動機や簡単な自己紹介をしてもらう企業がほとんどです。
また、面接をしている人は自分の部下になることを想像しながら様々な質問をするので一つ一つを丁寧に説明できるように日頃から準備しておく必要があります。
また、アクチュアリーを配置している部署はたくさんあるわけではないので、その中で新人として配属され人間関係に馴染める人材なのかそうでないのかを見極められているという意識を常に持っておくことも大きなポイントになります。
アクチュアリーの転職は、いつも一年中新しい人材を募集していることはとても稀です。
また、仕事内容も専門的だからこそ同業他社が様々な情報を共有していることも多々あります。
転職をすると決めたら、アクチュアリーとして知っておいた方がいい情報を様々な角度から仕入れておくといいでしょう。
その情報を踏まえたうえで、応募している企業が求めていることは何かを考えると、仮に採用された後もスムーズに仕事にも職場にも馴染むことができると言っても過言ではありません。

アクチュアリーの転職に有利な資格

アクチュアリーという言葉は知っていても、実情は判らないという人がほとんどではないでしょうか。職を変わることを検討する際に、いかにキチンと考察するかが、その後の結果に大変影響します。近頃において、いろいろなメディアでインフォメーションが溢れていますから、自分自身に戸惑いがあると、最初の気持ちが失われることにもなり兼ねません。つまり、転職を考察するとき、大事なことは、信頼できるインフォメーションをキチンと判別することです。さて、メディアを見ると、アクチュアリーという言葉をよく聞きますが、このことは、将来のリスクや不確実性の分析、評価を行う仕事です。生保・損保・年金の分野は、高齢化社会がさらに進行することから、さらに見識やスキルが求められるのです。我が国では、5000人程度しかいないことから、これからの需要の拡大が望めることがわかると思います。しかしながら、とても難しい試験であり、実際には、実務体験を積みながら、挑戦する者が多いようです。試験に合格するために、有利な資格は、実用数学技能検定や簿記などがあります。数字を扱う分野であることから、必要とされていますし、数字に対する勘を磨くという点でもメリットがあります。将来性といった観点から見ると、アクチュアリーの実情は、今後の需要が見込まれ、最適ではないでしょうか。近頃、巷では職を変わることを検討する者がとても増加していますが、必ずしも成功するとは限らないのです。成功するためには、難関であっても、有利となる資格を取得しながら、挑戦することが大切です。